FITS エコノミックレポート

ユーロ/ドルの特徴はレンジ相場後トレンド発生!

 

★ユーロ/ドルに日足では、もみ合い後にトレンドが発生するパターンとなっている。今年の1月中旬から4月中旬にかけてレンジ相場となっていた。その後下落トレンドを形成して1.150ドル台まで下押しした。そして、下限を1.1505ドル、上限を1.1851ドルのレンジ相場を形成している

このレンジ上限は、4月17日高値1.2413ドルと6月21日安値1.1505ドルを結んだフィボナッチリトレースメントの38.2%戻し近辺となる。

現在は徐々に上値を切り下げ・下値を切り上げる三角持合いを形成している。

そのため、トレンドが形成されると、一定方向にトレンドを形成しやすく、トレンド発生時では順張りで対応したい。レンジ相場が長いほど放れ際は大きなトレンドを築くので、今後も注視したい通貨である。

カテゴリー: ホットニュース

カテゴリー

カレンダー

7月 2020
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ページの先頭へ