FITS エコノミックレポート

プラッツドバイ原油の日足ではレンジ相場!

 

★プラッツドバイ原油先物市場の日足では、下値を100日SMA(単純移動平均線、灰線)がサポートする一方で、上値を50日SMA(緑線)がレジスタンスとなるレンジ相場が続いている。一旦下落基調が強まると思われる展開となったが、しっかり100日SMAがサポートラインとなり下支えした。そして、反転したものの50日SMAがしっかりレジスタンスとなり上値を抑える展開となっている。

短期線である5日EMA(指数平滑線、赤線)10日EMA(黒線)20日EMA(青線)は、ほぼ横ばいとなりレンジ内で推移している。

ストキャスティクス・スロー(パラメータ:14、5、3、20、80)は、%DとSlow%Dが緩やかに上向きとなっており、上昇基調を示している。

50日SMAはほぼ横ばいで推移しているものの、100日SMAは緩やかに上昇基調が続いていることから、先行きレンジ相場の値幅が縮小する傾向にある。レンジ相場を上抜けるのか、それとも下抜けするのかが焦点となる。

ストキャスティクスでは上向きバイアスが強くなっているものの、レンジ内での値動きとなっている。そのため、レンジの上下放れ待ちとなる。一方で、レンジ上限で売り、レンジ下限で買うというレンジ相場戦略を取る方法もある。

カテゴリー: ホットニュース

カテゴリー

カレンダー

8月 2021
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ページの先頭へ