FITS エコノミックレポート

ドル/円の長期トレンド上放れの試練!

 

★ドル/円の長期トレンドとなる月足では、2015年6月高値125.85円と2018年10月高値114.55円を結んだトレンドライン(R1)。一方で2016年6月安値98.98円と2019年1月安値104.70円を結んだトレンドライン(S1)。このR1とS1を結ぶと三角持ち合いとなる。それも2020年には三角持ち合いが交差することになり、年内に上下どちらかに放れる展開となりそうである。

現在は17ヵ月SMA(赤線)の109.54円を上抜けしてきたものの、34ヵ月SMA(青線)の110.13円がレジスタンスとして意識されている。昨日のNYタイムでも110.13円が高値となった。それだけ34ヵ月SMAがレジスタンスとして意識されているので、注意して見ていく必要がある。

ストキャスティクス・スロー(パラメータ:14、3、5、20、80)は、%DがSlow%Dを上抜け両線とも緩やかに上向きとなっている。そのため、上昇バイアスが強いことを示している。

 

まとめると、現在上値には34ヵ月SMAが上値を押さえているが、このレジスタンスを上抜け出来るようなら三角持ち合い上放れとなりやすい。約5年をかけて形成された三角持ち合いだけに、上放れすると大きな振れになりやすい。また、売り方からのストップロスを絡んだ動きとなりやすい。

一方で、17ヵ月SMAと34ヵ月SMAが強いレジスタンスとなり上抜け出来ないようなら、下放れの圧力がかかりやすいく大きく下放れする可能性がある。

来週2月17日から水星逆行が始まり3月10日まで継続する。この期間はボラティリティが高まり、上下に振れる展開となりやすいので注意が必要となる。オシレータの機能が鈍化しやすく、買われ過ぎ・売られ過ぎからもう一段の押しが出やすいので注意。

カテゴリー: ホットニュース

カテゴリー

カレンダー

9月 2020
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

ページの先頭へ