FITS エコノミックレポート

ドル/円の長期トレンドは円高へ傾斜?

 

★ドル/円の月足では、2015年6月高値125.85円を起点として2018年2018年10月高値114.55円を結んだトレンドライン(R1)と2016年6月安値98.98円を起点として2019年1月安値104.70円を結んだトレンドライン(S1)の三角持ち合いから徐々に下抜けする展開となっている。

また、17ヵ月SMA(赤線)34ヵ月SMA(青線)を下抜け両線とも緩やかに下向きとなっている。

ストキャスティクス・スロー(パラメータ:14、5、3、20、80)も%DがSlow%Dを下抜け両線とも下向きとなっていることで、下押しバイアスが強いことを示している。

そのため、下押しリスクが高まっている。ただ、120ヵ月SMA(緑線)の102.83円近辺ではサポートとして意識されやすい。

カテゴリー: ホットニュース

カテゴリー

カレンダー

3月 2021
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ページの先頭へ