FITS エコノミックレポート

ドル/円のレジスタンスは260日線!

 

★ドル/円の日足では、高値・安値を切り上げながら上昇基調が継続してきた。ただ、260日線(茶線)110.47円がレジスタンスとして意識され足踏み状態となっている。現在200日線(紫線)110.18円の攻防となっているが、若干下抜けしてきている。

5日線(赤線)109.97円10日線(黄線)109.62円は上向きとなっていることで、短期的には上昇基調が継続している。10日線を下抜けると一旦の下落調整となりやすい。

 

ストキャスティクス・スロー(パラメータ:14、3、3、20、80)は、%K:91.53、%D85.50とやや過熱感が出てきている。

 

2月2日以来の110円台ということもあり、本邦輸出勢からの円買い・ドル売りが入りやすく上値を抑えている。輸出企業の為替予約が一巡するまでは、上値の重い展開が予想される。また、260日線の位置する110.40円台は、輸出企業のコストを差し引いて6月末の為替予約出来上がりで110円台となる。そのため、輸出企業の為替予約が一巡するまでは上値が重くなる。上抜けするには新たな材料が必要となる。

カテゴリー: ホットニュース

カテゴリー

カレンダー

7月 2018
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ページの先頭へ