FITS エコノミックレポート

トルコリラ/円は爆発寸前か?

 

★トルコリラ/円の日足では、200日SMA(紫線)がレジスタンスとなり2月5日から上値をお抑えられ上抜け出来ない状態となっている。

その間に5日SMA(赤線)10日SMA(黄線)75日SMA(緑線が集中してきた。

各移動平均線が集中してきていることから、短期から中長期の売買コストが接近していることから、売買が交錯して上下にトレンドを形成しやすくなる。

ストキャスティクス・スロー(パラメータ:14、5、3、20、80)は、買われ過ぎ域から%Kと%Dが下向きとなっているものの、%Kが横ばいになりつつある。

 

下向きバイアスはあるものの、200日SMAを上抜けしてくると、売り方からの買い戻しによる踏み上げ相場となりやすい。そのため、上下どちらかに放れたことを確認してからの売買がリスクが少ない。

カテゴリー: ホットニュース

カテゴリー

カレンダー

2月 2019
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

ページの先頭へ