FITS エコノミックレポート

トルコリラ/円は嵐の前の静けさか!

 

★トルコリラ/円のボリンジャーバンド(パラメータ:21、±1、±2、±3)は、バンド幅が縮小するスクイーズが強まっている。スクイーズ後に価格が上下に大きく振れるエクスパンションには注意が必要となっている。バンド幅の伸縮を示現するボリンジャー%B(パラメータ:21、3、5)は、低下傾向が継続していることから、バンド幅の縮小が継続していることを示している。

ADX(パラメータ:14)はトレンドの強さやトレンドの始まりと終わりを表すものとして使われている。ADXが上昇するとトレンド発生で、加工はそのトレンドの終わりと解釈されている。現在ADXは下降していることから、トレンドが出ていないことを示している。上下にトレンドが発生すると再び上昇基調となる。

 

現在、一目均衡表の雲の下限とプラス3σがレジスタンスとして意識されている一方で、マイナス3σがサポートとして意識される23.00-24.00円のレンジ相場となっている。かなりバンド幅が縮小するスクイーズとなっていることから、何時上下に大きく振れるエクスパンションが発生しても不思議ではない。そのため、ボリンジャー%BやADXが上昇基調となったところが、売買のタイミングとなる。

カテゴリー: ホットニュース

カテゴリー

カレンダー

7月 2020
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ページの先頭へ