FITS エコノミックレポート

イールドスプレッドで12月20日の米国株市場を先取り!

 

12月19日(水)の米国3市場はNYダウ:351.98ドル安の23,323.66ドル、S&P500:39.20ポイント安の2,506.96ポイント、NASDAQ:147.08ポイント安の6,636.83と、3株価指数とも大幅下落となった。また、米長期金利は前日比低下し2.777%と2.80%割れまで低下した。『18日付けPERと株価から逆算』して19日付け予想PER計算すると、NYダウ:15.04倍、S&P500:15.75倍、NASDAQ:21.43倍と3株価指数ともに低下した。このPERを基に19日付けのイールドスプレッドを算出すると、NYダウ:▲3.871%、S&P500:▲3.571%、NASDAQ:▲1.888%とイールドスプレッドは大幅に拡大(米国10年債金利に対して米国株は割安)となった。株価指数が大幅下落したうえに、米長期金利も大幅低下したことでイールドスプレッドが拡大した。

 

NYダウの年初来底値時のイールドスプレッドを参考にする。4月2日に付けた年初来安値時のNYダウ:▲3.579%、S&P500:▲3.145%、NASDAQ:▲1.640%や、2月9日の反転時となったNYダウ:▲3.300%、S&P500:▲2.756%、NASDAQ:▲1.313%である。

 

19日(火)のNYダウの予想イールドスプレッドは前日▲3.734%⇒▲3.871%となり、2月9日と4月2日のイールドスプレッドを上回り連日相当割安感が出ている。

S&P500の予想イールドスプレッドは前日▲3.435%⇒▲3.443%となり、連日4月2日及び2月9日のイールドスプレッドを上回っていることから、S&P500も相当割安感が出ている。

NASDAQの予想イールドスプレッドは、前日▲1.770%⇒▲1.735%となり、連日2月9日と4月2日のイールドスプレッドを上回ってきたことで相当割安感が出ている。

3株価指数ともかなりイールドスプレッドが拡大してきたことで、米10年物国債金利に対して株価に割安感は出ており、好材料が出た場合は急上昇する可能性も残る。しかし、世界的な景気減速懸念が強まっていることや、FRBの利上げは来年も緩やかながら継続するとの観測から株価の悪材料として意識されている。そのため、割安感だけで一旦下げ止まったとしても、戻り売りに押されやすい地合いが続きやすい。

 

そのため、2011年4月21日以降のイールドスプレッドの平均値のNYダウ:4.444%、S&P500:3.651%、ナスダック:2.104%には届いていないことから、平均値に近づくまで拡大する株価下落と米長期金利の低下の可能性も残る。

 

毎日イールドスプレッドを掲載していきますので、米国株式市場の買われ過ぎ・売られ過ぎなど過熱感の目安としてください。

カテゴリー: ホットニュース

カテゴリー

カレンダー

3月 2020
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ページの先頭へ