FITS エコノミックレポート

欧米タイム直前市場コメント!

6月3-9日分の対外及び対内証券売買契約等の状況

国内投資家は対外中長期債は4885億円の売り越しとなり、売り越しは3州連続となった。対外株式は207億円の買い越しとなり、買い越しは11週連続となった。また、海外投資家は対内株式は1085億円の売り越しとなり、売り越しは3週連続となった。対内中長期債は2701億円の買い越しとなり、買い越しは2週連続となった。対内短期債は3591億円となり、買い越しは2週連続となった。

 

国内投資家の外債投資が急速に減速している。国内投資家は、世界的に金利が上昇してきている中、債券投資からの撤退をしていると思われる。海外投資家は、対内株式を3週連続の売り越しとなり、1兆163億円の売り越しとなった。日本株の上値追いには外国人が再び買い基調になる必要がある。

 

5月の中国経済に減速の兆し

工業生産の伸びは予想外に鈍化し、小売売上高と固定資産投資も低迷した。国家統計局が発表した5月の工業生産は前年比6.8%増となり、市場予想の前年比7.0%増を下回った。4月も7.0%増だった。5月小売売上高は前年比8.5%増となり、市場予想の前年比9.6%増を下回った。1-5月の都市部固定資産投資は前年同期比6.1%増となり、至上予想の7.0%増を下回り、1999年以降で最も伸びが小さくなった。米国との貿易摩擦悪化も懸念される中、中国企業にとっては先行き不透明感が強まっている。

 

日経平均株価:米中貿易摩擦と円高を嫌気した売り優勢

米年内利上げペース加速や米中貿易摩擦への警戒感から、前日の米国株が下落した流れを引き継ぎ180円超下落して始まった。また、外国為替市場で1ドル=110円に迫り円高も嫌気され輸出関連株などに売りが優勢となった。結局、前日比227円安の2万2738円と4日ぶりに反落して終了した。

 

東京外国為替市場:貿易摩擦を嫌気したリスク回避の円買い

ドル/円は、米中貿易摩擦を警戒したドル売り・円買いが先行し、110.10円付近へ下落した。ただ、下値では日米金融政策の違いを意識したドル買いも見られ、一時110.30円台まで値を戻した。午後は、日経平均株価の下げ幅拡大を眺めてポジション調整などのドル売り・円買いが持ち込まれ、110.04までじり安となった。米長期金利が2.94%まで低下したことも、ドルの押し下げにつながった。ユーロ/ドルは、今晩のECB理事会を控えて四隅ムードが強く、1.805ドル前後で方向感の欠いた展開となった。

 

OPECは協調減産の見直しも:原油の上値の重石

OPEC14カ国と非加盟の10カ国は、来週の総会で協調減産の今後を話し合う予定となっている。サウジとロシアの両政府は足元の原油価格の高騰を踏まえ、減産努力を見直す時期が来たと考えている。産油国は需要後退を警戒して高過ぎる相場を嫌う。主要消費国も減産の手を緩めることを要請している。

 

米FOMCでは利上げペース加速を示唆

FRBはFOMCで市場の予想とおり、政策金利を(FF金利の誘導目標)を0.25ポイント引き上げ1.75-2.00%に決定した。声明ではフォワードガイダンスを修正した。また、5月会合から経済の判断を引き上げた。また、四半期ごとに発表される予測で、メンバーは金利見通しを3月から引き上げられたことが明らかになった。中間値で年4回の利上げの可能性が示唆された。この結果を受けて、米国の利上げペース観測が強まった。また、来年1月から議長会合は全FOMC後にパウエル米FRB議長の記者会見を現行の各会合ごとから全会合後に倍増する方針を表明した。同時に、会見の数を増やすことは何のシグナルではないと念を押した。しかし、市場ではFOMCの利上げの余地が広がるとの見方も根強くある。

 

欧米イベント

○15:00   5月独消費者物価指数(CPI)改定値(予想:前月比0.5%)
○15:30   5月インド卸売物価指数(WPI、予想:前年比4.00%)
○15:45   5月仏CPI改定値(予想:前月比0.4%)
○17:30   5月スウェーデンCPI(予想:前月比0.2%/前年比1.9%)
       住宅ローン金利の変動を除いたコア指数(予想:前月比0.2%/前年比2.1%)
○17:30   5月英小売売上高指数(自動車燃料含む、予想:前月比0.5%/前年比2.4%)
○20:45   欧州中央銀行(ECB)定例理事会、終了後政策金利発表(予想:0.00%に据え置き)
○21:30   ドラギECB総裁、定例記者会見
○21:30   4月カナダ新築住宅価格指数(予想:前月比横ばい)
○21:30   前週分の米新規失業保険申請件数(予想:22万3000件)
○21:30   5月米小売売上高(予想:前月比0.4%/自動車を除く前月比0.5%)
○21:30   5月米輸入物価指数(予想:前月比0.5%)
○23:00   4月米企業在庫(予想:前月比0.3%)

カテゴリー: 欧州タイム市場コメント

カテゴリー

カレンダー

6月 2018
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

ページの先頭へ