FITS エコノミックレポート

朝の市場コメント!

米国株式市場は反発:押し目買いに支えられるも値動き荒い展開

NYダウは477.37ドル高の25605.54ドル、ナスダックは96.08ポイント高の9588.81ポイントで取引を終了した。6月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値や5月の輸入物価指数が予想を上回ったため景気見通しの改善を好感して大きく上昇して寄り付いた。また、前日に1861ドル安と過去4番目となる下げ幅を記録したことで自律反発狙いの買いが先行し、一時830ドル超上昇した。市場では『個人投資家の押し目買いなどが入った』との声も聞かれた。ただ、早い段階で経済再開に踏み切ったテキサスやフロリダなど複数の州で新型コロナウイルス感染者数が再び増加するなど、感染『第2波』への警戒感は根強く、一時下げに転じる場面もあった。引けにかけては押し目買いなどに下値が支えられ再び上昇する値動きの荒い展開となった。VIX指数は40.79から36.09へ低下した。

 

NY外国為替市場:欧州通貨などでドル高進行でもドル/円は方向感欠く展開

ドル/円は、NY市場に限れば狭いレンジでのもみ合いに終始した。対欧州通貨などでドル高が進んだ影響を受けた半面、ユーロ/円などクロス円の下落につれた売りが出たためドル/円自体は方向感が出なかった。なお、米連邦準備理事会(FRB)はこの日、半期に一度の金融政策報告を公表し、『金融セクターの脆弱性が短期的に顕著となる見通し』との見解を示した。来週予定されているパウエルFRB議長の議会証言を前に、FRBの見通しやリスク認識を議会に周知させるため公表された。

 

ユーロ/ドルは、『メルケル独政権は付加価値税(VAT)を半年間引き下げ、景気を刺激する方針』と伝わり、欧州市場では一時1.1340ドルと日通し高値を付ける場面もあったが、NY市場ではさえない展開になった。新型コロナウイルスの感染拡大『第2波』や景気回復の遅れに対する懸念が広がる中、一時は830ドル超上昇したNYダウが下げに転じるとリスク・オフのドル買いが優勢となった。ロンドン16時(日本時間24時)のフィキシングに絡んだユーロ売り・ドル買いのフローも観測されて、1.1213ドルと日通し安値を付けた。前日まで低下傾向だった米長期金利が上昇したことも相場の重石となった。
 

ポンド/ドルも軟調に推移した。この日発表の4月英国内総生産(GDP)が過去最大の減少幅となったことや、英政府が欧州連合(EU)離脱後の『移行期間』を延長しないことをEUに正式に表明したことなどがポンドの重しとなった。米国株相場が失速したタイミングでリスク・オフのドル買いが活発化し、一時1.2474ドルと日通し安値を付けた。

 

NY原油先物市場は小幅続落:利益確定売りに押される展開

NY原油先物市場は34.48ドル-36.99ドルのレンジ相場となった。米国株式市場が上昇して始まると原油先物価格も37ドル手前まで上昇した。しかし、米国株は主要3指数がすべて一時マイナス圏に入ると原油先物もじり安となり、前日比で小幅安で引けた。なお週間では8%以上下落した。 アジア市場で34.42ドルまで下落したが、アジア諸国の株安が一服したことから、下げ幅は縮小。ニューヨーク市場で一時36.99ドルまで戻す場面があった。その後は利益確定を狙った売りに押されて原油先物は上げ渋った。米国の石油掘削装置(リグ)稼働数は、前週比7基減少の199基となった。

 

NY金先物市場は反落:週末を前にポジション調整の売り優勢

NY金先物市場は1728.20-1753.00ドルのレンジ相場となった。欧州時間には昨日の急反発の流れを受け1750ドル台まで上昇した。しかし徐々に欧州通貨を中心にドルが強含んだことや週末を前のポジション調整も入り、前日比より下落して引けた。もっとも1週間を通すと金先物価格は3%を超えて上昇して引けた。アジア市場で1728.20ドルまで下げたが、その後反転。ニューヨーク市場で一時1753.00ドルまで買われた。ただ、米国株式の反発を意識して時間外取引で1735.20ドルまで下げており、伸び悩む展開となった。

 

米国債券市場は反落:米国株反発でポジション調整の売り優勢

米国債券市場で長期ゾーンは5営業日ぶりに反落(利回りは上昇)した。米10年物国債利回りは前営業日比0.03%高い(価格は下落)0.70%で終了した。米国株式相場がひとまず反発したことで、相対的に安全な資産とされる米国債には売りが出た。足もとで相場上昇が続いたあとだけに、週末を控えたポジション調整目的の売りも出た。 

カテゴリー: 朝の市場コメント

カテゴリー

カレンダー

9月 2020
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

ページの先頭へ